ご挨拶

院長写真

皆さま始めまして、小林内科・循環器クリニック院長の小林俊一です。
2021年9月2日、長年勤めてきた横浜保土ヶ谷中央病院を退職し、羽沢横浜国大駅(相鉄―JR線新駅)そばに開業しました。
これまで医師として32年間 主に循環器、特に冠動脈や下肢動脈のカテーテル治療や心不全管理を中心に診療をしてまいりました。これまでの約1300件の冠動脈カテーテル治療の経験からその治療の難しさと予防の大切さを実感しています。今後この経験、体験を活かして循環器疾患(狭心症、心筋梗塞、心不全、心臓弁膜症、不整脈、下肢閉塞性動脈硬化症)の診療に加え、動脈硬化の予防(一次、二次)とその原因である生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病など)を中心に診療してまいります。
またこれまで約13年間勤務してまいりました横浜保土ヶ谷中央病院で診療させていただいた患者さまとの関わりの中で心臓一臓器の治療から患者さまの全身管理への思いが強くなり開業を決意しました。かかりつけ患者様の主治医としてあらゆるご相談にも対応していきたいと考えています。
まだまだ未熟ではありますが、何卒よろしくお願いいたします。
病診連携に関してはこれまで務めてきた横浜保土ヶ谷中央病院を中心に近隣急性期病院(横浜市立市民総合医療センター 横浜市立大学医学部付属病院 横浜立市民病院 横浜労災病院など)との連携をし、患者様には良質な医療を提供してまいります。
新型コロナウイルス蔓延の状況ですが、前任病院での感染対策委員長の経験も活かし院内感染に細心の注意と対策をしてまいります。
皆さまのお越しをお待ちしています。

小林内科・循環器クリニック 小林俊一

略歴

平成元年3月
国立山梨大学 医学部 卒業
6月
横浜市立大学医学部附属病院 研修医
平成3年4月
横浜市立大学医学部大学院(循環器・腎臓・高血圧内科)入学
平成7年3月
同大学院修了
6月
横浜市立港湾病院 内科診療医
平成11年6月
横浜市立大学医学部附属病院 第2内科 助手
平成14年4月
神奈川県立循環器呼吸気病センター 循環器科 医長
平成18年4月
横浜船員保険病院 内科 医長
平成19年4月
国際医療福祉大学 熱海病院 准教授
平成21年4月
横浜船員保険病院 内科 部長
平成26年4月
JCHO横浜保土ヶ谷中央病院 内科 診療部長
平成29年4月
JCHO横浜保土ヶ谷中央病院 内科 副院長

資格・学会

所属学会

  • 日本循環器学会
  • 日本内科学会
  • 日本心血管インターベンション学会
  • 日本冠疾患学会
  • 日本プライマリ・ケア連合会

資格

  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 難病指定医
  • 身体障害者15条指定医